2015年12月02日 nend

スマートフォン向けアドネットワーク「nend」、アプリ・Web両メディア向けにネイティブアドを提供開始

 インターネット広告事業を展開する株式会社ファンコミュニケーションズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:柳澤安慶 東京証券取引所市場第一部:2461)が運営する、日本最大級のスマートフォン向け運用型アドネットワーク「nend(ネンド)」<http://nend.net/>は、2015年12月1日(火)よりネイティブアドの提供を開始いたしました。

 ネイティブアドとはメディアが提供している記事やコンテンツの形式と同様のデザインやフォーマットで広告配信できる広告手法のことで、広告がユーザーの行動の流れの中に自然と入り込むことから、ユーザーフレンドリーかつ高い広告視認性で、メディア・広告主の双方から注目を集めています。

 
■ 「nend」が提供するネイティブアドについて

 nendネイティブアドでは豊富な広告素材の中からコンテンツにマッチした広告レイアウトを作成することができ、カスタマイズによってインフィード型やカスタム型など、幅広い表示形式に対応可能となっております。
 Webメディア様の導入にあたっては、サイトURLから誰でも簡単にコンテンツに合った広告コードが作成できる「Easy Ad Editor」と、htmlやcssを直接編集して理想の広告へカスタマイズした広告コードを作成できる「Professional Ad Editor」の2つの機能が利用可能で、いずれも管理画面上からすぐに広告配信イメージが確認できる「プレビュー機能」も搭載しています。
 また、アプリメディア様については対応SDKの組み込みにより導入が可能です。
 なお広告主様向けには従来のターゲティングメニューや配信オプションをそのままご利用いただくことができ、広告効果に合わせた広告配信の最適化が可能となっています。

 nendでは今後も、広告主様の高い広告パフォーマンスを実現し、メディア様へは収益を最大化できる広告プラットフォームをご提供できるよう、更なるサービスの向上に努めてまいります。


※nendではJIAAが発表した「ネイティブ広告に関する推奨規定」を踏まえ、広告枠内にユーザーがコンテンツと広告を識別するための、広告明示文(PR/Sponsored/広告/プロモーション)の表記が必須となります。

■画像素材:
http://www.fancs.com/wp-content/uploads/nend_20151202_1.png
http://www.fancs.com/wp-content/uploads/nend_20151202_2.png

 
■ スマートフォン・アドネットワーク「nend」について
 「nend」はスマートフォンユーザーが訪れるサイトやアプリ内に、親和性の高い広告を自動的に配信するサービスです。掲載メディアはSDK組み込みまたはJavaScriptタグ設置により導入することができます。

 
————————————————————
■ 株式会社ファンコミュニケーションズについて
ファンコミュニケーションズ(http://www.fancs.com/)は、日本最大の成功報酬型アドネットワーク企業グループです。アフィリエイトサービス「A8.net(エーハチネット)」・「Moba8.net(モバハチネット)」や、スマートフォン向けアドネットワーク「nend(ネンド)」などを運営し、費用対効果に優れた「効果の見える」広告プロモーションを企画・提案しています。
・A8.net(https://www.a8.net/)
累計広告主数:約14,900、アフィリエイトサイト数:約194万4千、プロモーション提携数:約2,171万 ※日本最大級規模(2015年11月末現在)
・Moba8.net(https://moba8.net/)
累計広告主数:約5,700、アフィリエイトサイト数:約26万、プロモーション提携数:約200万(2015年11月末現在)
・nend(http://nend.net/)
累計広告主数:約3,300、提携サイト数:約48万8千 ※日本最大級規模(2015年11月末現在)

ニュースリリース一覧へ