close

海外展開について

  • TOP>
  • 海外展開について

ファンコミュニケーションズが考える海外展開

How we think about the overseas development project

F@NCOM

いいサービスは国境を超え、世界へ広がっていく

ネットを通じて人から人へ、価値あるサービスを世界へ。私たちファンコミュニケーションズは、日本発インターネット広告サービスを世界に向けて発信していきます。

海外展開の軌跡

Trace of the overseas development

map

adjapon

2012
  • adjapon

    2013
  • a8.net

    medi8

    2014
  • a8.net

    medi8

    nend

    2015
map

海外展開プロジェクトの一例

The overseas development project

ファンコミのnend海外事業開発チームでは、リーダーを務める遠藤哲也を中心に、
世界最大の成功報酬型アドネットワーク企業を目指す海外戦略が進められている。

世界最大のアドネットワーク企業グループを目指して

世界最大のアドネットワーク企業グループを目指して

1999年の創業以来、ファンコミュニケーションズは国内におけるインターネット広告事業を成長させてきました。現在、第二フェーズとして、海外での事業展開に着手し、2014年から世界市場獲得を目指したプロジェクトが本格始動しています。私たちが目指すのは、まず成長著しいアジア地域を中心にシェアを拡大すること。そして、インターネット広告企業として世界に名乗りを上げ、ワールドワイドに認知を広げていくことです。
私たちチームの直近の目標は、2020年までに海外ビジネス経由のセールスで、全社売上の一つの大きな柱となることです。この目標が実現できれば、私たちは世界のネット広告ビジネスのトップ企業の一つへと進化していることでしょう。さらに、その先にあるのは「世界最大の成功報酬型アドネットワーク企業グループに成長する」というヴィジョンです。

昨日の成功法則は捨てて、柔軟なアプローチで世界に挑戦する

昨日の成功法則は捨てて、
柔軟なアプローチで世界に挑戦する

世界でビジネスを成功させるために欠かせないのは、既成概念にとらわれない柔軟な思考とアプローチです。
日本での成功は、かならずしも海外でも通用するとは限りません。国や国民性や価値観、経済事情や商習慣、社会の実態が異なる国や地域では、ビジネスの手法もおのずと異なってくるからです。さまざまな国のビジネスパーソンや企業を相手にする仕事は、スムーズに進むことは少なく、日々さまざまな苦難や課題に直面しています。
そのたびに私たちは相手の特性に合わせてターゲティングし、営業手法を考え、既存サービスの多言語化、新規サービスローンチを展開してきました。そして、諦めることなく試行錯誤を繰り返してきました。その失敗と成功の積み重ねが経験値となり、成果につながる方法が確立されつつあります。

多国籍で構成される少数精鋭チームで挑む

世界市場に挑戦する当社にとって、人材は重要なファクターです。海外展開を担う部署のチームメンバーは少数精鋭で、スピード感ある意思決定と事業遂行をモットーとしています。
メンバーは多国籍で構成され、海外でのビジネス経験がある日本人、日系アメリカ人、ヨーロッパ育ちの日本人、スペイン人を両親に持つメンバー、さらに台湾人、アメリカ人など、じつにダイバーシティに富んでいます。ここでの共通言語は英語。私たちの主戦場は世界にあります。
私たちの仕事は、既存のルールのもとで成果を出すのではなく、常に最適解を模索していくこと。語学力や海外経験だけではなく、柔軟な発想力や分析力などのビジネススキルが求められます。諦めないタフな精神力と、ときにはパワープレイで、不可能を可能にする実行力も必要です。チャレンジ精神にあふれ、活発に議論を交わせるメンバーだからこそ群雄割拠の世界のネットビジネスの中で、時代に即した次の一手が生まれるのです。

employee

employee

社員一人ひとりにビジネスを動かすチャンスがある

私自身、これまで海外でキャリアを積んできた経験を活かし、インターネット広告という新しい時代のビジネスに挑戦できることに、大きなやりがいを感じています。当社ではすべての社員にチャンスが与えられています。明確なヴィジョンを示せば、大きな裁量が与えられ、自分の意思でビジネスを動かせる。それが会社全体のスピーディでアグレッシブな機動力につながっていると感じています。
加えて当社は、国内の老舗広告プラットフォーム企業として、社内で蓄積されたノウハウやリソースが充実しています。こういった土壌が、世界に挑む私たちにとって大きな支えとなっています。

employees

ENTRY 未来を確かめる!

TOP