ファンコミプラスTOP > イベント > アフィリエイトで得たのは収入だけじゃない。働き方、生き方を見つめ直した4人が手に入れたもの(2/3)

アフィリエイトで得たのは収入だけじゃない。働き方、生き方を見つめ直した4人が手に入れたもの(2/3)

1 2 3

気になる労働時間、アフィリエイトで収益が出るまでの期間は?

一日の労働時間、運営サイト数とアフィリエイト作業時間

舛さんは、個人的な想像でそんなに作業をされていないイメージがありますがどうですか。
 
 
 
ここ1、2ヵ月は多くて2時間くらいです。大体1時間くらいでしょうか。
自分で記事を書くのに飽きてきてほぼ外注化しているので、チェックして公開作業をするだけというのがあります。
サイト数は放置しているものも含めると8サイトあります。
いまはその働き方ですけど、始めた頃は違いましたよね。
 
 
 
もちろん始めた当初は休みの日の朝9時に机に向かい始め気づいたら夕方5時6時・・ということもあるくらい作業に没頭しました。もうちょっと若かったというのもあって、ハマると集中してずっとやっていましたね。8年くらい前まではそんな状況でした。
 
ストイックな北村さんは。
 
 
 

労働時間は本業が朝9時から18時くらいまで。出社前の2時間くらいにリサーチ作業をして、帰宅後子供を寝かしつけてから3時間くらいがアフィリエイト作業時間です。
まったく稼げていなかった時期は本当にストイックというか、睡眠時間を2時間くらいまで削りコンテンツを作っていたこともあります。
運営サイト数は無料ブログやAdSenseのサイトなどすべてひっくるめて20サイトくらい。いまのメインサイトは2サイトです。
僕は1日4、5時間くらい書いています。
サイトはブログと旅行サイトを運営しています。
記事はすべて自分で書いていて、月に10記事くらい出していますが、最近定年退職した父が仕事が欲しいと言ってきたので、父親に外注しようかと思い始めていたりします(笑)。
この間A8フェスティバルというイベントがあって、アフィリエイトメディアさんがたくさん集まったんですけれども、そこに20代で大きく稼いでいる方がいたので、ご両親のご理解はどうですか、とお聞きしたら「父もアフィリエイトをやっているんですよ」と返答が返ってきて驚いたことがありましたね。二世代アフィリエイトメディアがそろそろ出てきたんだなと。
ダブルブラック(※)の(笑)。
 
 
 
ダブルブラックですね。
 
 
 
※「ブラックランク」はA8.netのメディアランクの一つで、アフィリエイト収入が多い人の代名詞としてよく用いられます。
1日の労働時間は大体7時間くらいです。
そのうちアフィリエイトの作業時間は2時間の時もあれば5時間の時もあってまちまちです。
運営サイトは大型のものはコスメのレビューサイトが一つ、中規模小規模のものも含めると数十あります。ほとんど更新していないものも多いですが。
やっぱり、お子さんと過ごす時間に支障が出ないように、とかそういう心がけは何かあるんでしょうか。
 
 
そうですね。子供との時間を確保するためにもメリハリをつけて働こうと気をつけていて、夜間や休みの日にはアフィリエイト作業はしないようにしています。
 
 

始めた時期と収益が出るまでにかかった期間。
その間くじけそうになったことや大変だったことは?

一般的に、アフィリエイトを始めたはいいけれどなかなか報酬が発生せず途中で挫折してしまう、というのはよく聞くお話なのですが、その中でみなさんはどうだったのか、MIYUKIさんからお願いできますか。
 
私は2014年7月に本格的に始めました。A8 Womanが始まった時です。
収益はWordpressのサイトを立ち上げて3ヶ月後に初報酬が出ました。安定して報酬が上がるようになったのは半年後くらいからだと思います。
その間大変だったことは、毎日1記事上げるのを目標にしていたので、その作業に必死に追われていたことと、いつになったら報酬が発生するのかなという気持ちはいつもありました。
おそらくMIYUKIさんの場合は、SEO(検索エンジン対策)で無理に上位表示させようとかあまりテクニカルなことはされず坦々と記事を書かれていたのではないかと想像していますがどうですか?
 
はい。コスメブログではレビュー形式でコツコツ一記事ずつ記事を上げています。
 
 
 

僕は2013年2月にブログを始めて、7月にまずGoogle AdSenseの初報酬が出ました。
アフィリエイトに力を入れるようになったのが2015年の6月、台湾に移住した頃です。
台湾で生活するには月10万円くらい必要なのにAdSenseとAmazonアソシエイトだけだと6万円くらいにしかならなかったので、やばいなと思ってアフィリエイトに注力し始めました。
稼げるようになるまでは現地での仕事もされていたんですよね。
 
 
 
ある程度になるまでは、寿司屋やホテル清掃など現地でのアルバイトもしていました。
 
 
 
私は記憶があやふやですが大体5年前くらいにアフィリエイトを始めました。
情報商材に手を出したり、本を買っただけで満足してしまったりして、一度辞めた時期もありましたが、3年前に本腰を入れ始めて、ちょうど2年前にいまメインでやっているサイトを立ち上げました。
初報酬が上がったのはサイトを立ち上げて3ヶ月目です。
くじけそうになったことは、思ったように成果が上がらない時期はもどかしく、その都度Google AnalyticsやSearch Console(いずれもGoogleが提供する解析ツール)で問題点を洗い出してはひたすら修正していた時はつらかったですね。
私は北村さんに関しては、ドメインを立ち上げた日から、初報酬が上がった日、売上が伸びてくる過程をずっと見てきましたが、とにかく努力されているなというのが印象的でしたね。
 
 
最初の頃はブラックハットと言われる手法(検索エンジンの弱点を突き上位表示させる手法)でサイト運営していた時期もあり、報酬が上がるようになるとサイトが飛び(検索結果順位が極端に落ちたり表示されなくなること)、という繰り返しもしましたが、いまは地道で堅実なやり方に落ち着きました。
たぶん僕が一番アフィリエイト歴が長くて、2008年8月にアフィリエイトを開始しました。
当時PPCアフィリエイトが盛り上がってきた時期で、Yahooにお金を払って検索結果にサイトを表示して稼ぐやり方で3ヶ月後には確定報酬が200万円くらいは行っていたので、一気にスタートダッシュで駆け上がっていった感じでした。
その後ずっと順調だったわけではなく、PPCアフィリエイトでガンと上がった後にメンタル面で不安定な時期などもあって徐々にSEOにシフトしていきましたが、ブラックな手法(前述の「ブラックハット」と同じ)で報酬が安定しませんでした。150万円くらい上がったと思ったらその次の月に30万円くらいまで下がってしまったり。始めてから5、6年は安定というものはなかったですね。
舛さんは東日本大震災を宮城で経験されていますよね。その時はどんな状況でしたか?
 
 
 
もういろいろ大変で、3、4ヶ月はアフィリエイト作業も休んでいました。ただ、その間も報酬が発生し続けていたことはありがたかったです。
 
 
MIYUKIさんも出産のタイミングなど、作業出来なかった時期がありますよね。
 
 
 
フリーランスになってからは歩合制というか、お給料はやった分だけなので、当然産休育休や手当もなく、つわりや出産後3ヵ月くらい仕事ができなかった時期、子供が熱を出した時にも報酬が入っていることは本当にありがたかったですね。
 

次のページへアフィリエイトで手に入れたもの。理想の働き方を見つけるためには何が大切?

1 2 3