HAYASHI

A8事業部で、お客さまの新規獲得に邁進する林。大学時代は広告を学び『せっかくやるなら好きなことをやりたい!』と入社を決意しました。入社後の社員研修では専門知識を身に付け、日々努力を積み重ね、一歩一歩成長しています。

この業界を選んだきっかけを教えていただけますか

正直なところ、大学時代はどうしてもやりたい、ということが見つかりませんでした。でも就職はしなければいけない。『でもせっかく働くなら惰性ではなく、自分が一生懸命になれることをやりたい!』と思っていました。大学のゼミや講義で広告やPRを学んで楽しかったこともあり、興味のある広告業界でバリバリ働くキャリアウーマンを目指すことに。そう決めてから、就職活動では広告関連の企業をたくさん受けました。おかげさまでF@Nを含めて5社ほど内定をいただくことができました。

たくさんの企業の中から、F@Nを選んだのはなぜですか

ひとことで言うと、採用担当の方がすごくよかったからです。内定の理由をきちんと伝えてくださったので、なぜ自分が選ばれたのか納得できたし、この会社に必要とされている理由もわかりました。数社から内定をいただいて悩んでいたとき、みんなで食事に行きました。その時に「うちに入ったら途中で投げ出してほしくない。でも一緒に頑張れるなら来てほしい」と言われて、担当の方の実直さ、あたたかさに心を動かされました。帰る時には『ここに入社しよう』と決めていましたね。
また、創業から成長し続けているという点も大きかったです。この会社ならきっとよい刺激を受けて、私自身の成長につながるんじゃないかな、と思いました。

入社前は、どの程度仕事内容を理解していましたか

インターネット広告に関する本を数冊読んだくらいです。自分なりに本から知識を得られるように努力しましたが、読むのとやるのは大違い。やっぱり現場に入って経験するのが一番ですね。入社後の研修では、広告業界の基礎知識からA8.netの仕組みまで学ぶことができました。知識不足がちょっと不安でしたが、丁寧に教えていただけたので、心配しなくてよかったみたいです。

職場にはどのような人が多いですか。また、どのような関わり合いがありますか

『最初はやっぱり怒られたりもするんだろうな…』と、少しは覚悟していたけれど、先輩はお世辞抜きで優しいです。最初は右も左もわからず何もかも不安でしたが、いつも先輩が気にかけてくれて、どんなことでも相談しやすい状況でした。困ったことがあれば解決法を導いてくれたり、できるようになったら一緒に心から喜んでくれます。素敵な先輩と、戦友でもある頼もしい同期に囲まれていて、本当に恵まれているなと思いますね。
ちなみに、社内サークル活動やイベントも盛んです。事業部関係なく、他職種の方々とフラットに関わることができます。上司や先輩の仕事中に見せない表情が見えたりすると、親近感がわきますね。全力で遊んで、全力で働く人ばかり。今学生の皆さんも、残りの学生生活は思いっきり遊んでください。その後は、私たちと一緒に全力で働きましょう。