ONO
小野

フリーランスから転職した小野。大きな海外市場に向けたシステム開発にエンジニアとしての手応えを感じ、充実した社内制度にモチベーションが高まっているとか。「産休育休・時短など、女性も長く働ける社内体制に満足している」と話します。

F@N COMMUNICATIONSに入社した理由を教えてください

F@Nは3社目です。1社目では業務システムの運用・機能改善、2社目ではソーシャルゲーム/ECサイトの開発運用などを行っていました。その後、フリーランスでWebサイトの改修からExcelマクロの開発などに関わるように。でもフリーだと請け負う仕事の規模が小さく、『もっと規模が大きいサービスを扱ってみたい』という気持ちがあったのは事実です。興味を持って長く取り組めそうなテーマのある会社を探していた時に、F@Nに出会いました。
社名は知らなかったのですが、前職でnendを使ったこともあって親しみはありましたね。調べてみるとアドネットワーク業界では老舗で知名度が高かったので、安心感もありました。でも入社の一番の理由は、面接のときに『現場の空気がとてもいいな』と感じたこと。開発現場によくある閉鎖的な雰囲気がまったくありませんでした。

実際に入社してみて、いかがでしたか

それまで在籍していた会社は小さく、また直前はフリーランスだったので、突然大きな会社に入ってちょっと緊張しました。でも管理部門がしっかりとしているので開発に専念できるし、開発するものが大きい。この点はF@Nに入ってよかったなと思います。当社サービスのA8.netは利用者がすごく多いので、自ずと仕事の幅も大きくなりました。
今はA8.netのクライアント用管理画面を海外用にリプレイス開発していますが、市場規模が大きいので利用者はどんどん増えていくと思います。サービスの規模が大きく、開発者としてはとてもやりがいがありますね。技術は直接的にお金を生み出さないけれど、会社の一員としてやっているからには、売り上げを出せるコンテンツで成果を残したいですね。

F@N COMMUNICATIONSの社内制度で「あってよかったな」と思うものを教えてください

まずは月一開催の『ワイン会』です。各部署が持ち回りで、予算内で企画するので、たこ焼きや生ハムなど毎回テーマが違って楽しいです。ワイン会といってもビールや酎ハイもあるし、お酒メインじゃないから飲めない人でも好きな時に参加できます。『9con』は社内のビジネスアイデアコンテストなんですが、とにかく応募数がすごくて、盛り上がっています。モチベーションが高い人が多いんだと思います。それから『大入り袋』! 売り上げが最高記録を更新すると、全社員に配られます。お昼に豪華ランチを食べたりできるから、本当にうれしいです。売上を意識する機会にもなるし、モチベーションも上がるし、とても面白い文化です。
それと、私はまだ取得したことはありませんが『産休育休』『時短』も取り入れやすい雰囲気だと思います。実際に小さなお子さまがいて時短勤務している方もいるし、育休から復帰した方も。制度があっても周りに遠慮して使えない…ということもよくありますが、会社全体が産休育休制度の利用を推奨していることを、とても心強く感じています。