TAKADA
髙田

入社4ヶ月の髙田。当初は聞き慣れない専門用語に戸惑ったものの、わざわざ時間をとり、教えてくれる先輩たちに支えられながら成長しているそうです。人生最後のつもりで転職。「ここで長くずっと働いていきたい」と笑顔で語りました。

転職のきっかけと、F@N COMMUNICATIONSに入社を決めた理由を教えてください

前職ではグルメサイトの代理店営業を行っていました。グルメサイトを集客ツールとして活用していただくための提案です。転職の理由としては、純粋に『もっと成長したかった』から。その仕事が嫌いだったわけでないけれど、仕事の幅に限界を感じていました。今年30歳の節目を迎えるにあたって、思いきって行動に移すことに。いくつかの求人を見ている中で、F@Nが目にとまりました。働いている方のコメントを読むと、まったくの未経験から入社した方でも年齢や社歴にとらわれずチャンスを与えられ、活躍している。この点にひかれて入社を決めました。

実際に入社して、ギャップを感じたことはありますか

現在はnend事業部でメディアサイドの営業を行っています。メディアが運営しているサイト・アプリ内に広告掲載をさせてもらえるように提案する仕事です。
入社したばかりの頃は、戸惑うことばかりでしたね。前職でも成功報酬型の広告を扱っていたため、なんとなく用語は耳に入っていましたが、詳しい知識はほとんどありませんでした。今では毎日のように専門的なカタカナ用語が飛び交っていて、勉強の毎日です。でも以前はわからなかった先輩方の会話の内容が、だんだん分かるようになってきました。
自分で言うのも何ですが、私は本当に周りの先輩に恵まれていると思います。同期がいなかったこともあって、入社時は『誰に相談したらいいんだろう』と不安がありました。でも周りの先輩が私のためにわざわざ時間をとって、丁寧に教えてくださって。これはすごく有難かったですね。今月で入社4ヶ月。馴れましたか? と聞かれると、そう言っていいかわからないけれど…。『楽しく働いています!』とだけは、自信を持って言えますね。

F@N COMMUNICATIONSで気に入っている制度はありますか

ワイン会です。nend事業部はサテライトオフィスのため、他部署の方との交流が持ちにくいんです。ワイン会は、普段話す機会のない方々とコミュニケーションを取ることができる絶好の機会。参加すると、先輩がよく名前をあげている人が『この方だったんだ』わかるようになります(笑)。まだそれほど皆さんと面識があるわけじゃないんですが、先輩に紹介していただきながら少しずつ交流を広めています。入社したばかりの私にとって、社内イベントはとても大切な時間です。

ここではどのような働き方をしたいと思っていますか

今はまだいっぱいいっぱいで、とにかく目の前の仕事をこなすのに必死です。でも『F@Nでは長く働いていきたい』と思っています。私は最後の転職のつもりでここに入社しました。急速にステップアップしていくよりも、じっくりと成長しながら、皆さんの力になりたいです。
また、周りには出産・妊娠を経験して復帰する方々がたくさんいます。それを見ているから、私も安心して働けているところがありますね。