社員インタビュー

Management

遠藤Endo(2014年 中途入社)

モチベーションの高いスタッフと、0からグロースまで経験できる

遠藤

入社した理由は?

そもそもF@Nを知ったきっかけは、知人の紹介です。
転職に際しては、これまで経験してきたフロー型のビジネスモデルではなく、ストック型の会社がいいなと思っていました。というのも、入社前にアドプラットフォーム(SSP)の事業を立ち上げようと考えていたものの、諸事情で実現できなかったためです。F@Nだったらチャレンジさせてもらえるかなと思い、面談に参加したんです。
実際話を聞いてみると、海外市場に対する事業の立ち上げ責任者というポジションで、自分の経験が生かせると思いました。また責任者ということで、ある程度裁量をもってチャレンジングに動けるかなとも感じました。最終的な決め手になったのは、面談での社長・上司の人柄でしょうか。

どんな仕事をしていますか?

2014年1月に入社し、nend事業部の海外事業開発チームにて、nendの対グローバル対応の営業とアライアンスを担当しました。その後メンバーを獲得しながら、リーダー、マネージャーとチームを構築していきました。また海外戦略子会社adjaponの仕事も兼務することとなり、代理事業の再興と整備、SSP事業の新規立ち上げと運営なども経験しています。
2017年1月にはadjaponの取締役兼 新規事業担当部長・プロデューサー、子会社の事業責任者と新規事業の推進など幅広く業務にあたらせて頂いています。
直近ではviidle事業の立ち上げと運営、F@Nグループ海外展開戦略(韓国、中国、英語圏他)など、入社前に描いていた以上の仕事をさせてもらっています。

仕事のやりがいは?

定量定性の両面で、会社・顧客への貢献ができていると実感したとき、また実際に評価を頂けたときにやってよかったと感じます。
現在のポジションは、0から1、1からのグロースまで含めて全て経験できます。モチベーションの高いスタッフに恵まれていること、目標の達成や戦略作りの為の十分な権限を頂けることも働きやすい部分です。
F@Nに入社し、上長や他部署の部長から適切なサポートやアドバイスを得て成長できたと感じています。一緒に働くスタッフにも、仕事を楽しみ仕事を通して成長してほしいと願っています。

エントリー・マイページはこちら

ENTRY / MYPAGE
PAGETOP