社員インタビュー

Sales

小林Kobayashi(2013年 中途入社)

売り上げに貢献するプロセスの
一つ一つにやりがいがある

小林

入社した理由は?

月並みな回答ですが、これからはインターネットかな?!という、とても安直な入り口でした。
もともと飲食、医療、リラクゼーションと、お客様に向き合い接客する仕事を経験してきたため、次は違うことを経験してみたいという思いが強かったのを覚えています。
インターネット...webサイト...web広告...広告か!と、求人媒体で探していたことを思い返すと、よくF@Nにたどり着けたなと思います。ただA8.netというサービスを知ってからは、日ごろ目にしていたWebサイトやブログにとても関連性の深いサービスなんだとすごく興味を惹かれて。結果として入社し5年になりますが毎日楽しく働いています。

どんな仕事をしていますか?

今はプレイイングマネージャーとして1つのチームを任せてもらっています。
私は入社時はメディアチームに配属され、メディア営業としてキャリアをスタートしました。当時はまったくの異業界からの転職でしたので、社会人のルールから業界知識まで本当に色々なことを勉強させてもらいました。
入社から3年ほど経ったころが一つのターニングポイントなのですが、当時のSEOの傾向と自分の知識を拡げたいという思いから、新しい業務へ挑戦させてほしいと上長へ提案したんです。また一から勉強と挑戦の日々になりましたが、その環境をくれた上長とチームメンバーに今でも本当に感謝しています。
そして入社から5年が経った今年、マネージャー職を拝命しました。今も日々奮闘、日々勉強の毎日に変わりありませんが、メンバーの成長という楽しみが増えました。
こうやって振り返ってみると、新しい事に挑戦させてもらっている感は事業部一だと思います。これからはメンバーの挑戦を一番に応援できる存在でもありたいですね。

仕事のやりがいは?

仕事のやりがいは、メディアさんの売り上げに貢献できた時に感じます。
ただ、この売り上げに貢献するまでにもたくさんのプロセスがあって、その一つ一つにやりがいがあります。
例えば、担当するクライアントの困りごとや次のステップを見据えたとき、まず私に相談して頂けたり、そこから案を出し合って「じゃあこういうことしてみましょう」とコンサルティングできたり。なかには、広告主も含めた三社間で意見を出し合って進めていくこともあり、そんな時は世の中のトレンドを作っているってわくわくします。
最近個人的に注力していることは、これまで実績が無かったジャンルを掘り起こしていかにメディアさんの実績につなげるかということ。挑戦したいと思うことが尽きないですね。

エントリー・マイページはこちら

ENTRY / MYPAGE
PAGETOP