社員インタビュー

Sales

岡本Okamoto(2016年 中途入社)

アプリの製作者と広告主、
ユーザーにも喜ばれる提案を

岡本

入社した理由は?

前職では、人材コンサル会社で営業企画の仕事に従事していました。
当時の仕事に全く不満はなかったのですが、ふと自分の将来を考えた時に、もっとスキルと仕事の幅を広げられる新しい環境へチャレンジしたいと思い転職を決意しました。
元々インターネットや広告には関心があったものの、業界経験がないため躊躇していたのですが、たまたまF@Nに目が留まり思い切って話を聞いてみることに。
広告を出稿する企業、出稿された広告を掲載するメディア、掲載された広告を目にする消費者、この全員のwin-win-winを実現するという経営ビジョンに惹かれました。また業界経験にとらわれず、新しい環境へチャレンジする人を募集していたので、私も飛び込んでみようと思い入社しました。

どんな仕事をしていますか?

スマートフォンアプリを作成している企業や個人の方に、アプリ内へ動画広告の掲載をご提案しています。
App Storeや、Play Storeのランキングを確認し、ランキングのアプリをダウンロードして、さわってみたり、遊んでみたり・・・ちょっとこう聞くと仕事をしていないように思われるでしょうか!?
実際にユーザーとして体験することによって、ここに広告が設置されていたら目にするユーザーの邪魔にならないんじゃないか?広告を掲載するアプリへもここならより広告収益をお返しできるのでは?とか、ここに広告が出たら広告主にも喜んでもらえるかも!などと気づくことができるんです。ユーザー視点で考えて提案できる力はとても大切です。

仕事のやりがいは?

普段遊んでいたり、使っているアプリの製作者様と実際にやり取りをするときはとてもわくわくするので、この仕事のやりがいの一つだなと思います。
ただ一番大きなやりがいは、アプリの製作者様、広告主様、その先のユーザーのみな様に喜んでいただける提案を自分なりに必死に考えて、その提案通り掲載された広告を目にしたときです。自分が提案した通りに動画広告をご掲載していたくことは決して簡単なことではないので、その分達成感とやりがいを強く感じますね。

エントリー・マイページはこちら

ENTRY / MYPAGE
PAGETOP