社員インタビュー

Engineer

佐藤Sato(2017年 中途入社)

成長中のサービスに携われる
チームで成長させている実感がある

佐藤

入社した理由は?

前職では価格比較、飲食店レビューサービスの検索エンジンの開発に携わっていました。
比較的大規模なサービスでユーザ数も多かったので、技術的なチャレンジも多くそこにやりがいを感じていました。その一方でサービスを一緒に成長させている実感はあまりありませんでした。
そんな時に、F@Nと面談の機会をいただき、動画広告サービスviidle(ビードル) に興味を持ったのが入社のきっかけです。国内向けにサービスを展開してきた会社の新規事業、特にグローバル展開という部分に惹かれましたね。
またF@NはScalaに力を入れている会社だと知り、今まで関数型プログラミングを仕事で使ってこなかかったので、FunctionalなScalaを仕事で書きたい!という気持ちも入社のきっかけになりました。

どんな仕事をしていますか?

viidleの開発全般を担当しています。
所属しているviidleのチームは、規模が比較的小さいので、サービスの運用に必要なことは何でもやります。
私はもともとPythonでサーバサイドの開発をすることが多かったのですが、自分の担当領域外のフロントエンドからバッチ、最近では配信サーバまで担当しています。もちろん分からないことも多いですが、他のメンバーと協力したり、学習しながら楽しく仕事しています。
Scalaに関しては社内に詳しいエンジニアが多くいるので、ちょっとした勉強会を開いてくれたり、未経験者でも学習していける環境だと感じています。

仕事のやりがいは?

人にもよると思いますが、成長中のサービスの開発に携われるところは面白いと思っています。
viidleはまだ規模も小さいので、ビジネスサイドや他のエンジニアとの距離も近く、一緒に検討してサービスを成長させている実感があります。新しい技術も必要であれば検証、導入できるので、日々新しい技術にも積極的に触れるようにしています。
また、グローバルなサービスでもあるので、展開する国によって課題も多くあり、エンジニアとしてはその課題を解決していく楽しみもあります。
サービスを成長させるためにはまだまだやらなければことが多くありますが、チーム全員で協力して成長させていきたいです。

エントリー・マイページはこちら

ENTRY / MYPAGE
PAGETOP