社員インタビュー

Engineer

設楽Shitara(2015年 中途入社)

柔軟性と自由な発想を持って
最適なシステムを考えるのが楽しい

設楽

入社した理由は?

実はもともとはあまり転職しようとは考えていなかったんです。
前職はソーシャルゲームの会社に勤めていたのですが、当時は色々なゲーム会社が自由な発想で次々に新しい技術を発表していて、自分も身を置いているだけでエンジニアとして成長できると考えていました。
その後ゲーム業界の盛り上がりも落ち着いてきて、次はどの業界が来るのかなと情報収集位の気持ちで転職サイトに登録したら、そこでF@Nからスカウトメールをもらったんです。アドテク業界も気にはなっていたので話だけのつもりで面談に参加したら、「一次面接合格です。二次面接はいつにしますか?」と。とんとん拍子で話が進んで、気づいたら入社していました。

どんな仕事をしていますか?

今はnex8というDSPサービスでインフラ課に所属しています。
最近ですと、クラウド環境からオンプレ環境への移行、仮想化環境からコンテナ環境への移行などをやっていました。
インフラ課という名前ですが、NWの設計からサーバ上で動くアプリケーションの開発から雑用までとりあえずサービスを動かすのに必要なことはなんでも担当しています。
また仕事と言っていいのかわからないのですが、興味ある分野の技術調査なども仕事中にやったりしています。調査してもあまり事業に貢献できるような結果にならないことも多いのですが、興味ある分野なのでモチベーションも上がりますし、新しい発想のひらめきにつながったりすることもあります。

仕事のやりがいは?

DSPというサービスの特性上、大量のトラフィックを低レイテンシーでレスポンスしなければならないのですが、そうすると従来のよくあるwebシステムの構成では難しい部分が多いです。
また、色々なシステムと連携しているので、各社の要望や仕様に答えられるように柔軟性を持って考えないといけないことも多いです。
そのため自由な発想で最適なシステムを考えて作ることを求められるのが楽しいですね。
普通に調べて出てくるようなシステムを作るのは、どうしても作業感というかエンジニアをやっている感じがないのですが、自分で考えて何かを作れるのはエンジニアとして楽しいです。

エントリー・マイページはこちら

ENTRY / MYPAGE
PAGETOP