社員インタビュー

BizDev

本田 Honda (2020年 新卒入社)

限られた資源を活かしながら
どれだけ効果的な結果を得られるかを検証していく

本田

入社した理由は?

自分にとって働きやすそうな環境だったのが一番大きいと思います。
私は大学院で哲学を専攻する学生でもあり、面接等でも博士課程に在籍し研究を続けることは伝えていましたが、会社側は一切問題とはせず受け入れたため非常に居心地は良いと思います。
まだフレキシブルワークなど多様な働き方の導入という点では変化しきれていない部分はありますが、リモートも進んでおり研究と仕事を両立させたい人にとっても可能性のある場所だと感じます。
また会社の価値観として、サービスがどのくらいの利益を上げるかという観点のみならず、社会的・倫理的に真っ当であるかどうかという観点も含めて事業判断をしていることは好印象でした。


どんな仕事をしていますか?

新規事業開発部という所で、研究者やリカレント層向けのサービスをつくっています。
事業を作るというと大げさですが、自分が「こんな問題がありそうだな」とぼんやり思ったことを、統計データや実際の当事者へのインタビューなどをベースに洗練させていき、出来るだけクリティカルな課題として具体化させ、その解決策を実際に企画やプロダクトの形にしていきます。
全てが自分の思い通りにいくわけではありませんが、限られた資源を活かしながらどれだけ効果的な結果を得られるかを検証していくという点で、実証実験のような感覚で取り組んでいます。


仕事のやりがいは?

自分が解決する必要があると考えた社会課題はまだ解決していませんし、プロダクトにも改善が必要な点が多くあるのでやりがいや充足感といったものを感じる余裕はありません。
ただユーザーさんから期待や喜びの声をいただいた時には、自分の考えは間違っていなかったのかもしれないと少し安堵することもあります。
また仕事以外のことではありますが、他のウェブサービスを見て次にどういうアップデートをするのかの予想が当たった時や、これまでであれば知ることがなかったであろう知見を得た時には面白いなと感じます。


エントリーはこちらから

PAGETOP