社員インタビュー

Management

恩田 Onda (2015年 新卒入社)

なぜ人の役に立つのか、
喜んでもらえるのかを常に考え実行します

恩田

入社した理由は?

当時執行役員だった二宮(現上司)と面接をし、今後のネット広告のあり方について激論を交わしました。
大学生離れしていた私の知見に二宮は感嘆し、それから何度か直接会話をするようになりました。
私は地元で就職をしようと考えていたのですが、二宮は「地元に残って、人と同じ幸せを歩むか、東京に来て、俺と一緒に世界を変えるかどっちだ」という人類史に燦然と残る名言を発し、私はファンコミュニケーションズに入ることに決めました。


どんな仕事をしていますか?

新規事業開発部として新規事業立上げ企画・運営をしています。
概要としては下記となります。

・事業計画の策定や予算の管理
・プロダクトビジョンや目標、ロードマップの策定
・開発アイテムの起案・優先順位付け
・ユーザーインタビュー
・その他ビジネスサイドの全部

その事業はなぜ人の役に立つのか、喜んでもらえるのかを考え
どの手段でそれを実現するのかを探し、実行します。


仕事のやりがいは?

現状、充足感や手応えは思いつかないです。
自分が「これは喜んでもらえるだろう!!」と思ったことを世間様に問うというエゴの塊みたいな仕事です。
自分が考えたものややりたい事は頻繁に否定されます。
矢面に立たないといけないので批判にも晒されやすいです。
そういったものを思い切り受け止める仕事ですので
充足感はなく、日々至らないところを反省するばかりです。
ですが、ユーザーさんに利用いただけることや喜びのお声が聴けることは、本当に本当に嬉しいのでそれだけが救いです。


エントリーはこちらから

PAGETOP