社員インタビュー

Engineer

新城 Shinjo (2020年 中途入社)

「成長は自分の意思次第」
プレッシャーの中でも
挑戦しがいのある仕事

新城

入社した理由は?

転職活動中に複数社の面接を受けましたが、面接の時点でこの会社が自分の中で一番心地よい環境であると感じました。
面接でお伺いした際のエピソードは勿論、入社後においても、上司は部下の意思をかなり尊重してくれるため、ファンコミであれば自分の意思次第で大幅に成長できると感じました。前職では、会社都合で業務が決定してしまい、自分の希望が反映されることが難しく、もどかしさを感じていました。
ですが、ファンコミでは率先して手を上げたり、やりたいことをアピール出来れば、生き生きと仕事ができる環境だと感じます。
また、社内行事等に対する参加圧力もなく、趣味などで繋がり仲良くなる社員もおりますが、おとなしい性格な私でも居心地の悪さを感じるようなことはありません。

どんな仕事をしていますか?

A8.net および関連サービスの構築・運用を行うチームに所属し、一般にインフラエンジニアと呼ばれる仕事をしています。
現在はAWS環境に構築されたサービスを別のAWS環境へと移設するプロジェクトを進めており、特に外部サービスとのインターフェース改修やデータベースの移設検証を進めています。社内でナレッジが無いリソースを構築・検証することも多く、エラー等が起きた際は自分1人で解決しなければならないときもあり大変ですが、その分得られるものも多いです。
上記以外にも、業務の中での様々な課題への改善提案や、新規サービスの構築などを行っています。クラウド環境やオンプレ環境、またネットワーク機器など幅広く携わることができます。

仕事のやりがいは?

システムを運用していると製品の不具合等、様々な理由で不測の事態が発生します。自分の仕掛けた監視・負荷分散等で問題を防止できたときや、発生した問題に対して適切な対応を行い、影響を最小限に留めることができたときにやりがいを感じます。主力サービスのシステム基盤を扱っているため、正直なところプレッシャーを感じていますが、その分挑戦しがいのある仕事だと思います。
また、エンジニアは裁量労働のため、仮に業務で夜遅くまで対応が発生した場合も、次の日は遅めに出勤するなどフレキブルに勤務できます。そのため仕事とプライベートの両立がしやすく、のびのびと仕事できる環境なのもファンコミの良さだと思います。

エントリーはこちらから

PAGETOP