社員インタビュー

Engineer

髙多 Takata (2020年 中途入社)

サービスとともに自分も成長したい
自社サービス開発だからこその
達成感がある

髙多

入社した理由は? 

転職活動時に重視していた、「自社サービスの開発に携わりたい」、「ワークライフバランスが実現できる」という点が合致したためです。

前職では叶わなかった、腰を据えて一つのサービスに関わり、自身も共に成長したいという思いを実現するために入社しました。また、新卒の就職活動時にファンコミの会社説明会に参加したことがあり、以前から事業内容を知っていたのも入社理由の一つでした。ワークライフバランスに関しても入社後のギャップは無く、仕事とプライベートのメリハリを持つことができています。開発部内の女性社員率が比較的高いのも、働きやすい環境であることを表していると思います。

どんな仕事をしていますか?

プロダクト開発部のメンバーとして、ファンコミの主力サービスの1つであるA8.netのメディア管理画面の開発や問い合わせ調査等の業務を担当しています。
基本はJavaを使った開発業務を行っていますが、手を挙げれば新しい言語や作業に挑戦することができる環境です。昨年は規模が小さいものの、Pythonで外部連携のアプリケーションを作る機会がありました。社内の他部署の方々と連携して仕事を進めていくことも多く、開発スキル以外にも調整力や臨機応変な対応が必要です。私が入社したタイミングはコロナ禍で、かつ、テレワークが主流のため、直接お会いしたことがない方がほとんどですが、slackやオンライン上の打ち合わせでコミュニケーションが円滑に取れており、業務に支障を感じることは少ないです。

仕事のやりがいは?

要件整理からリリースまで幅広く担当させてもらえるので、自分が関わったものが世に出たときの達成感が大きいことです。
慣れない作業で悩むことや上手くいかないこともありますが、以前の自分と比べて分かること・出来ることが増えていくのはモチベーションの向上に繋がります。

エントリーはこちらから

PAGETOP