ホーム > F@Nを知る > 出戻りさんいらっしゃい
 

ファンコミの社風を語るうえで欠かせない特徴のひとつが「出戻り社員」の多さ。一度は辞めたファンコミに、好きこのんで舞い戻ってきた仲間たちに聞いた、戻りたくなっちゃう理由を大公開します!

 

 

  • F@N入社~退職まで
    東京・渋谷で働くこと、盛り上がりを見せるIT業界で働きたいという思いで、ファンコミに入社しました。手掛けていたのは、アフィリエイトサービス「A8.net」の新規営業。7年後には子会社へ出向し、ポイント媒体の営業を行なっていました。その中で自分のやりたいことが出てきて、一度リセットしてみたいという気持ちから退職を選択したんです。
  • 退職後は?
    「A8.net」を使ってアフィリエイトを始め、その後、ECサイトを立ち上げました。そのときに感じたのは「A8.net」というサービスの秀逸さ。広告量もクライアント量も、他社より群を抜いて多く、効果も出やすいサービスだと実感しました。ファンコミを離れてみて、会社の資金力や成長性なども客観的に見えて、改めてすごい会社だな、と思いましたね。
  • なぜ再入社?
    独立してみて、自分の力で食べていけることが分かりました。でも徐々に将来に不安を感じ、事業を終了するか、会社に就職するか悩むように。そんなとき元上司に連絡を取る機会があったんです。そこで「戻っておいでよ」と背中を押され、再入社を決意しました。「A8.net」への思い入れもあったので、ファンコミ以外で働く選択肢は頭にありませんでしたね。
  • 戻ってどうだった?
    もともと担当していた仕事なので、スムーズに戻ることができました。戻ってみて驚いたのは、社内体制が整備され、組織が進化していたこと。メンバーが増えたこともあり、部署の空気感は変わった気がします。よりチームワークが強くなりました。今後は、マネージャーを目指しています。またEC事業など、新規事業の立ち上げなどにも関われたら嬉しいですね。
 

 

  • F@N入社~退職まで
    アフィリエイトサービス「A8.net」の新規営業として、ファンコミに入社しました。お客様とメディアをつなげる役目として営業活動を行なう中で、お客様の売上をさらにアップさせるために、徐々にメディア運営やSEOについても興味を持つようになったんです。そこでステップアップを目指すべく、転職を決意しました。
  • 退職後は?
    知人がSEO事業やメディア事業を手掛ける新会社を作るということを聞いて、ジョインしました。スタートアップということもあって環境が整備されておらず、ファンコミの環境は恵まれていたな…と思ったことも。ファンコミを辞めてからも、良くIRを見ていました。株価も上がっていたし、子会社もどんどん生まれていた。成長しているなぁ、という印象がありました。
  • なぜ再入社?
    転職した会社では、メディア事業がペンディングとなり、SEOの営業がメインの仕事になりました。自分がやりたかったことではないので、モヤモヤを抱えるように。そのときたまたま、元上司からFacebookを通じて連絡があったんです。「A8.net」のコンサルタントが足りないので、お願いできないだろうか?と。上司のオファーは胸に刺さるものがありましたね。
  • 戻ってどうだった?
    仕事のできる環境が整っていることが、どんなに恵まれていることかを実感しています。有益な情報が自然と入ってくるのもありがたいですね。理想の営業スタイルを体現できるようになりました。今後は組織の活性化やビジョンの実現を掲げ、仕事に向き合っていきたいと思っています。
 

 

  • F@N入社~退職まで
    色々な業界を知れる広告営業という仕事に惹かれ、入社しました。退職まで、スマホアフィリエイトサービス「Moba8.net」の新規営業を担当。当時は教育体制が整っておらず、手探りの中、自分の力で仕事を進めるのが大変でした。色々な業界を見て自分のやりたい事を見つめなおした時に、またアパレル業界への憧れがあったことから、退職を決意したんです。
  • 退職後は?
    アパレルの販売員として接客業に就きました。半年後にはサブ店長、1年後には店長となり、責任ある仕事を任されるように。ゆくゆくは本社で働きたいという目標があったのですが、本社は狭き門。5~10年後の働き方を考え、ここで販売職を続けるのは厳しいと思い、本社への道がないのであれば、アパレルで働くことにこだわらなくてもいいのではと思うようになりました。
  • なぜ再入社?
    長く勤められる仕事がしたいと思い、転職活動をスタート。そこでふとファンコミのことを思い出したんです。社員の仲は良かったし、風通しも良かった。土日休みで福利厚生も整っているので、安心して働ける。新しいことを始めるのもいいけれど、これまで勉強してきたアフィリエイトの知識を活かして働くのもいいかもと思い、ファンコミで働く仲間に連絡を取りました。
  • 戻ってどうだった?
    再入社の気まずさは特にありませんでした。事務として再入社したので、初めての仕事に不安はありましたが、しっかり丁寧に教えていただけたので心強かったです。ファンコミは服装も自由だし、雰囲気が良く、働きやすいですね。これから子どもを持つようになっても働き続けていきたいですし、アフィリエイターとして自社サービスを活用したいなと思っています!
 

 

  • F@N入社~退職まで
    ITエンジニアとして初の実務を積むにあたり、派遣会社から紹介を受けたのがファンコミでした。配属された事業開発部で自社媒体やモバイル向け広告配信サービス「アドカボ」、スマートフォン向けアドネットワーク「nend」などの開発に取り組んでいました。退職を決意したのは、より規模の大きな開発環境で経験を積みたいと思ったからです。
  • 退職後は?
    次に入社したのは、大手インターネット通販会社。20~30名規模の開発部門に配属されました。ここでは購入履歴システムの改修などを行なっていました。大規模プロジェクトの開発体制を知ることができ、勉強になりましたが、仕事の範囲が決められていたり、高度な技術に触れる機会もなく、徐々にやり甲斐を見失うようになりました。
  • なぜ再入社?
    他の会社で働きたいと思っていたのですが、なかなか興味の湧く企業がなく…。そんなとき、たまたまファンコミの元上司から飲み会のお誘いが。ちょうど派遣社員の受け入れを検討しているタイミングだったようで、戻ってきたらどう?とお声掛けいただけたんです。ファンコミでは、手掛ける範囲も広く、環境面も充実していたので、戻りたいという気持ちが強まりました。
  • 戻ってどうだった?
    ファンコミには3年半もいましたし、以前に自分が携わったシステムを再度担当するということもあり、安心感がありました。今では、前々から興味のあったデータマイニングにも関わることができています。今後は、ターゲティング・アドプラットフォーム「nex8」の拡大を目指し、ターゲティングや広告配信の精度を高めていきたいと思っています。
 

 

  • F@N入社~退職まで
    Webサービスの開発経験を積むべく、ファンコミに入社しました。アフィリエイトサービス「A8.net」「Moba8.net」の機能追加などがメインの仕事。サービスを作る面白さもありましたし、自分が手掛けた仕事へのフォローなどもしっかりあり、手応えを感じていましたが、派遣という雇用形態への不安を感じ、転職を意識するようになったんです。
  • 退職後は?
    転職先では、Web広告システムの開発・運用を手掛けていました。正社員として入社したので本番環境に触れることもでき、仕事の幅が一気に広がりました。ですが、会社がWeb広告事業を停止し、iPhoneアプリの開発事業にシフトチェンジすることに。大きな変化に戸惑いましたが、転職して1年も経っていなかったので、再度転職する選択肢はありませんでした。
  • なぜ再入社?
    ファンコミの現在の上司と一緒に飲む機会がありました。そのとき「戻ってこないか?」と声掛けをいただき、転職を考えるきっかけに。ファンコミに行けば自分に足りていないインフラ側の知識を身に付ける事が出来るということで悩みましたね。iPhoneアプリの開発か、インフラの勉強か…。ファンコミには長いこと在席していたので知っている人も多かったし、居心地も良かったので、戻ることにしたんです。
  • 戻ってどうだった?
    正社員として入社し、より責任ある仕事を任される中で、まだまだ見直さなければいけない部分も多いなと感じています。でも、挑戦してみたい技術を提案できる自由な環境は、自分に合っていますね。会社が大きくなるにつれて、システム化すべきところはたくさんあります。成長を見据えて、情報システム部ができることには積極的に取り組んでいきたいと思っています。
 
 
Copyright(c) F@N Communications, Inc. All Right Reserved