2019年06月04日 F@N

2019年度人工知能学会全国大会にて、 Web広告のクリック率(CTR)予測モデルの評価に関する研究成果を報告

インターネット広告事業を展開する株式会社ファンコミュニケーションズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:柳澤安慶 東京証券取引所市場第一部:2461)は、弊社情報科学技術研究所所属 片桐智志が2019年度人工知能学会全国大会 (JSAI) での報告が決まったことを発表します。

ファンコミュニケーションズでは、世界最大の成功報酬型アドネットワーク構築を目指す企業グループとして、多様化・複雑化するビッグデータを活用し、広告主・メディア・ユーザー間のコミュニケーションをより価値のあるものにしていくことは重要な使命であると考え、アカデミアとの共同研究についても推進しております。

同大会は6月4日から7日にかけて、新潟県新潟市内で開催され、本発表は 6日の午後となります。

当社では、広告主と媒体主が適切な取引をするために、機械学習に基づいて広告枠の価格づけをしております。このような技術はすでに当社だけでなく様々な大手インターネット広告事業会社で取り組まれています。本発表では、このタスクが要求することと従来的な機械学習の方法論の違いを指摘し、どうあるべきかについて論じます。

ファンコミュニケーションズでは今後も、情報科学技術研究所が中心となり同技術を広告配信の仕組みに適用し、サービス品質の向上に努めてまいります。

第33回人工知能学会全国大会 (JSAI 2019) 公式: https://www.ai-gakkai.or.jp/jsai2019/
本発表の内容・スケジュールの詳細:
https://confit.atlas.jp/guide/event/jsai2019/subject/3K3-J-2-03/tables?cryptoId=
 


株式会社ファンコミュニケーションズについて
ファンコミュニケーションズは、日本最大の成功報酬型アドネットワーク企業グループです。アフィリエイトサービス「A8.net(エーハチネット)」やスマートフォン向けアドネットワーク「nend(ネンド)」、リターゲティング広告サービス「nex8(ネックスエイト)」などを運営し、費用対効果に優れた「効果の見える」広告プロモーションを企画・提案しています。

所在地:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-1-8 青山ダイヤモンドビル
設立日:1999年10月1日
代表者:代表取締役社長 柳澤 安慶 (やなぎさわ やすよし)
資本金:11億7,367万円(2018年12月31日現在)

ニュースリリース一覧へ