2016年12月期第2四半期決算説明会ダイジェスト



8/9に開催いたしました、アナリスト・機関投資家向けの2016年12月期第2四半期決算説明会から、一部ダイジェストをお届けします。

第2四半期は、売上高・経常利益とも直前四半期を若干上回り、売上高が94億1000万円、経常利益は14億9400万円でした。

国内最大級アフィリエイトサービス「A8.net(エーハチネット)」は引き続き堅調に推移しましたが、スマートフォン向け運用型アドネットワーク 「nend(ネンド)」が苦戦し、第1四半期・第2四半期累計では、利益が期首予想を下回る結果となりました。

 
2016Q2_1

こちらが業績ハイライト(連結)です。

経常利益率の低下については、好調なA8.netの原価率が高く、nendで大きく減った利益をカバーし切れなかったことがあります。
A8.netの原価率が上がったのは季節要因で、美容系など季節需要の大きい広告主用に媒体確保費用が多くかかったためです。

 
2016Q2_2

続いて2016年12月期業績予想です。
通期では若干の増収増益計画を期首に立てており、配当予想については今期は18円を予想させていただいています。

 
2016Q2_3

第2四半期のセグメント別売上高の内訳です。

「CPA型アドネットワーク」には、アクションに対して広告料が発生する広告サービスを含めており、アフィリエイト広告サービスである「A8.net(エーハチネット)」「Moba8.net(モバハチネット)」の他、グループ会社エイトクロップスの運営するCPI(Cost Per Install・スマートフォンアプリインストール)型広告サービスの「adcrops(アドクロップス)」もこのセグメントとしています。

こちらは昨年対比で19.5%増となりました。

「CPC/ターゲティング型アドネットワーク」には、アクションに至る前の送客(クリック)に対して広告料が発生するCPC(Cost Per Click)型広告サービスの「nend(ネンド)」と、最適なユーザーへ広告配信するリターゲティング広告サービスの「nex8(ネックスエイト)」が該当します。

こちらは昨年対比で18.0%減となりました。

「その他」には自社媒体や広告代理事業等を含めており、こちらは昨年対比で11.9%増となりました。

 
2016Q2_4

A8.netは稼働広告主ID数がサービス開始以来初めて、3,000台に乗りました。

登録アフィリエイトサイト数も205万サイトを超えており、10月8日には渋谷ヒカリエにて、この広告主とアフィリエイターが交流しお互いの収益増につなげていくイベント「A8フェスティバル」も開催予定です。

 
2016Q2_5

売上高は四半期ベースで過去最高、初めて50億円台となりました。
スマートフォン売上比率も、この四半期で少し伸びてきています。

 
2016Q2_7

Moba8.netについては、昨年第3四半期を底に少しずつ回復基調にありましたが、大口の広告主が抜けたことで、直前四半期より売上が減少しました。

また、Moba8.netについては、スピンオフして生まれた複数成果地点型アフィリエイトアドネットワーク「seedApp(シードアップ)」の方に新規営業を振り替えている影響で、広告主稼働数がマイナスになっています。

seedAppについてはまだ売上規模が小さいため開示対象としていませんが、今後規模が拡大した際には詳細をご説明させていただく予定です。

 
2016Q2_8

adcropsは昨年のプラットフォームサイドの仕様変更問題によってビジネスモデルを変更することになり、現在サービスの内容を変えようと努力しているところですが、第2四半期ではまだ前年同期比で減収となっています。

 
2016Q2_9

nendの不調要因は主にCPC(クリック単価)の下落によるものです。
スマートフォン広告や広告主に対するユーザーの接し方が変化した結果として、これまでより広告効果が弱くなっていることがその背景にあります。

インプレッション(広告の表示回数)やクリック数(送客ボリューム)は減っていないものの、その先のアプリダウンロードやサイト利用につながっていない状況です。

広告配信量は毎月過去最高を更新しておりサービスとしてのパワーが落ちているわけではないため、このCPCの下落が止まればまた右肩上がりになっていけると考え、できる限り下落を抑える手立てを打とうとしています。

また、兼ねてより特定大口広告主の比率の高さが問題になっていましたが、そちらは比較的小規模の広告主が多数利用してくれる構造にシフトしてきており、少しずつ変化が見えてきています。

 
2016Q2_10

nex8はもう少しで四半期ベースで5億に届く規模になっています。
今期より大きく方針を変え、ダイナミックリターゲティング配信に特化するサービスとして機能を拡充中で、サーバを増強してデータ解析を強化したり、導入ハードルを下げる仕組みを取り入れたり、さまざまな先行投資を行っています。

関連リリース:広告配信プラットフォーム「nex8」がダイナミックリターゲティング配信特化に向け大規模リニューアル

 
なお、決算説明会資料(全ページ)および決算説明会動画(質疑応答含む)は、当社コーポレートサイトにて公開しています。

 
2016Q2_capture

詳細は下記よりご参照ください。
2016年12月期第2四半期決算説明会 決算説明会資料・動画:http://www.fancs.com/ir_release/2016/08/09/3525
投資家情報トップ:http://www.fancs.com/investors

 

また、IR情報・PR情報・採用情報など、ファンコミュニケーションズグループの最新情報は各種公式アカウントでも随時お知らせしています。
ぜひ「いいね!」「フォロー」をよろしくお願いいたします!
F@N公式Facebookページ:https://www.facebook.com/fancscom
F@N公式Twitter     :https://twitter.com/fancs_PR

 

Copyright(c) F@N Communications, Inc. All Rights Reserved